模試監督 バイト

MENU

模試監督のバイトで効率よく稼ぎましょう

模試監督のバイトはズバリ『大人気』なんです!

 

なぜかといいますと、仕事量はそれほどでもないのにお給料がいいからなんです。学生さんの応募もすごく多いのですが、子育てがひと段落した主婦や、意外にもWワークでのサラリーマン(会社員)の模試監督バイトの応募が多いんです!

 

会社員のWワークが多いというところからも、模試監督のバイトが費用対効果が高いのが分かりますよね!

 

模試監督 バイトの求人はすごく競争率が高いので発見したら『ラッキー!』と思ってすぐに応募するといいですよ^^

 

 

学生の副業におすすめな試験監督バイト!

 

模試の試験監督のバイトについてみなさんはどのような印象をもっているでしょうか。

 

今回は自分が実際にそのバイトをやってみて主にどのような仕事だったか、どれくらいお金はもらえるのか、あとはこれからやる方に向けて少しアドバイスが出来たらいいと思っています。

 

まず、自分の紹介を軽くすると本当にどこにでもいる大学生で性別は男です。やろうとしたきっかけはメインのバイトで塾でバイトをしているのですが、時給が高くなくそれでいて、入れてもらえる回数も少なかったため、何か単発でそれなりに稼げるのを探していてたまたま見つけたのがきっかけです。

 

自分がやったのは主に某予備校の模試です。会場は近くの専門学校などで行われ、だいたい朝7時半集合で終わりが模試にもよるのですが、16時から18時の間です。業務内容はその名のとうり試験監督です。

 

一人か二人で一つの教室を任され、あらかじめマニュアルが配られるのでその指示に従い時間どうりに試験を進めていき、終わったら回答を回収、会場の本部にいるリーダーに預けます。あとは、各科目ごとに教室の受験者数を確認して報告。ざっとこれぐらいだと思います。

 

これでだいたい1万円前後くらいの報酬で月末に支払われます。

 

イベントスタッフなんかより、内容からしても全然いいと思います。ただ、このバイトは業務が楽なため自分の時間を捧げるバイトと言われます。まぁ確かにそのとうりなんです。肉体的にも疲れないし、マニュアルに従って運営していけばいいです。しかし、いくら楽だからといっても模試を時間どうりに進めていくためしっかりと責任感を持って取り組まなければいけません。あとは、募集に関してですがいつでも募集しているわけではありません。だいたい春に募集していることが多いのでこまめにチェックしてみてください。

 

大学受験予備校の模擬試験の監督をしました

大学4年生、男性のYといいます。某大学試験予備校の模擬試験の監督をしました。

 

試験会場は、都内の大学の教室を借りて行う形でした。

 

事前準備をするということで、朝の7時に現地集合し、試験祖物は10時から4時まで、そのあと片づけ等で5時まで拘束されました。ですので拘束時間としては、11時間です。(間に休憩が1時間入ります)
仕事内容は、事前準備としては、受付のテーブルを設置する、会場までの案内図を途中の経路に貼って回る、会場近辺にも案内図(立て看板)を設置して回る、という内容です。

 

そして、試験監督そのものについては、問題用紙、解答用紙の配布、試験時間中の見回り(大学の狭い教室でしたので、あまり頻繁に回ると通威力をそぐかなと思って遠慮しました。ただ、不正があるといけないので、回らなくてはならず、そのあたりのバランスに苦慮しました)、解答用紙の回収、用紙の枚数確認、本部へ持っていく、などです。

 

そのあと片づけとして、貼ったり立てたりして置いた会場の案内図を回収して回りました。

 

一緒にバイトをした友人は、受付の仕事もしたようですが、私はその仕事はありませんでした。時給は1000円です。ですので、1日で10000円でしたが。交通費の支給などはなかったので、手取りとしては9000円くらいでした。

 

このバイトをしようとしている人には、拘束時間が長く、気を使って緊張する仕事だということをわかったうえでなら、それなりにバイト料をいただける仕事です、ということを伝えたいです。

 

試験監督 バイト

TOEICの試験監督

結構裏では大変な作業をしています

試験監督をいくつかやっているS.Kと言います。お小遣いになればと思い、気楽な気持ちで始めたアラサー女子です。一番多いのはTOEICの試験監督で、いずれも試験補助員という形でやりました。

 

試験会場はつくば国際会議場、集合時間は9:15で拘束時間は16:15となっていますが、この時間まで拘束されたことは今のところありません。少し早めに終わる印象ではあります。

 

仕事としては、朝会場の確認から始まり、試験の答案や解答用紙を配ったり、受験票を集めたり、試験中はカンニングなどの監視をしたりしました。受付もしましたし、試験終了後は答案を回収して数を数えたり、本部に戻ってからも何度も数えましたね。

 

最後に試験会場の片付けをやって、原状復帰をしたらすべてが終わります。休憩時間もしっかりとれますし、普通のアルバイトより少しだけ良さげな報酬をもらえます。支払いは振込で一か月後ぐらいに入ってくるイメージです。

 

試験監督のアルバイトは、楽ちんと一部で言われていることもあるようですが、実際はそうでもありません。機敏に動かなければいけませんし、かなり緊張を強いられます。

 

ただ、真面目にやっていればお給料が振り込まれないことはありませんし、見合った報酬だと思うので、責任感がある方ならおすすめできるアルバイトです。

更新履歴